News & Topics
お知らせ一覧

#メディア掲載  
20/08/15 UP

★東京新聞の連載「能楽 お道具箱」過去の掲載一覧

東京新聞・金曜朝刊の伝統芸能面にて2015年5月から2017年3月までの2年間、全12回にわたり「能楽お道具箱」という連載を担当させていただきました。まだ能を観たことがない人を読者ターゲットとし、「道具」を入り口として、能に親しみをもってもらえるよう心がけて書きました。記事を読んでくださったみなさま、ありがとうございました(東京新聞のWebサイトにて、文字のみ読めますが、一定期間を過ぎると記事が消去されます)。

【過去の記事】
第1回「能楽お道具箱」2015年5月8日(金)掲載
取り上げた公演:2015年4月9日「萬歳楽座(まんざいらくざ)第11回公演」(国立能楽堂)
取り上げた演目:能「船弁慶(ふなべんけい)」
取材させていただいた方:観世流二十六世家元 観世清和さん
ご紹介した道具:扇(中啓)
FullSizeRender

第2回「能楽お道具箱」2015年7月3日(金)掲載
取り上げた公演:2015年5月31日 セルリアンタワー能楽堂 定期能5月-宝生流-
取り上げた演目:能「小鍛冶(こかじ) 白頭」
取材させていただいた方:宝生流第二十世宗家 宝生和英さん
ご紹介した道具:狐台(きつねだい)
FullSizeRender

第3回「能楽お道具箱」2015年9月4日(金)掲載
取り上げた公演:2015年7月20日 宝生能楽堂 「清水義忠二十七回忌追善能」
取り上げた演目:能「隅田川(すみだがわ)」
取材させていただいた方:大鼓方葛野流(かどのりゅう)家元 亀井忠雄さん(人間国宝)
ご紹介した道具:大鼓(おおつづみ)
2010904ootsudumi
(東京新聞Webサイトでの掲載期間は、終了しました)

第4回「能楽お道具箱」2015年11月13日(金)掲載
取り上げた公演:2015年10月29日 宝生能楽堂 「都民劇場古典芸能鑑賞会第99回」
取り上げた演目:能「紅葉狩(もみじがり) 紅葉ノ舞・群鬼ノ伝」
取材させていただいた方:金春流宗家 金春安明さん
ご紹介した道具:打杖(うちづえ)

第5回「能楽お道具箱」 2016年1月15日(金)掲載
取材させていただいた方:和泉流狂言方 野村万作さん(人間国宝)
ご紹介した道具:「三番叟(さんばそう)」の鈴
FullSizeRender

第6回「能楽お道具箱」 2016年3月18日(金)掲載
取材させていただいた方:能楽笛方藤田流十一世宗家 藤田六郎兵衛さん
ご紹介した道具:笛(能管)
IMG_4256

第7回「能楽お道具箱」 2016年5月13日(金)掲載
取材させていただいた方:ワキ方下掛宝生流 御厨誠吾さん
ご紹介した道具:ワキ方の笠

第8回「能楽お道具箱」 2016年7月15日(金)
取材させていただいた方:能楽囃子方大倉流小鼓方十六世宗家大倉源次郎さん(人間国宝)
ご紹介した道具:小鼓
genjirou2016

第9回「能楽お道具箱」 2016年9月16日(金)
取材させていただいた方:シテ方観世流梅若会 梅若紀彰さん
ご紹介した道具:作り物(「半蔀」)
20160916tokyonp

第10回「能楽お道具箱」 2016年11月18日(金)
取材させていただいた方:シテ方宝生流 東川光夫さん
ご紹介した道具:羽団扇
higasikawa2016

第11回「能楽お道具箱」2017年1月13日(金)
取材させていただいた方:能面師 後藤祐自さん、宝生流第二十世宗家 宝生和英さん、宝生流の内弟子のみなさん
ご紹介した道具:能面
tokyonp20170113

第12回「能楽お道具箱」2017年3月17日(金)
取材させていただいた方:喜多流刊行会 喜多真王さん、喜多流能楽師 大島輝久さん
ご紹介した道具:謡本


東京新聞(紙媒体)は、コンビニや駅の売店などで1部110円で販売されています。また、全国どこからでも東京新聞のバックナンバーを取り寄せることもできます。Web版には掲載されない写真なども、ご覧いただくことができます。
詳しくは以下のページをご覧ください。朝刊一部「196円(110円+送料86円)」。

【東京新聞・東京中日スポーツ バックナンバーのご案内】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/backnumber.html
なお「能楽お道具箱」は、東京新聞のほか北陸中日新聞(石川県、富山県)、中日新聞(名古屋本社、浜松・東海本社)でも掲載されます。記事は、中日新聞では翌日の土曜夕刊、北陸中日新聞は翌週火曜夕刊となります。

中日新聞社の発行エリア
http://www.chunichi.co.jp/annai/press/
cyuunitieria
中日新聞社WEBサイトより