プロフィール

 

Profile

メッセージ

伝統芸能を支える「道具」に魅せられて



貴重な価値がたくさん詰まった「道具」たち
ライターとして、伝統芸能の舞台を陰から支える裏方、職人の現場を多く取材してきました。伝統芸能の道具には、長い年月をかけて蓄積されてきた知恵と技がぎっしり詰まっています。貴重な価値がたくさんあるのですが、閉塞的な世界でもあり、また口承のみで伝えられてきたこともあり、言語化されていないものが多くあります。職人たちの口から出てくる話は、聞いても聞いても、尽きることがなく、驚かされ続けています。そうした「語り」を文章化するという手法で、可視化していきたいと思っています。

やりたいのは、現場に役立つ、具体的なお手伝い
伝統芸能は、特殊で多様な「道具」をたくさん必要とします。それらの「道具」を作る技術が今、高齢化や経済性の問題など複合的な背景から消えつつあります。一度消滅してしまうと、それを復元させることは極めて困難です。そこで、未来へこうした技術を伝えていけるように道具を作る技術や、必要な素材について調査し、作れなくなっている道具については、復元を試みています。

「道具は、文化の可視化」とある方が言いました。これを借りていうならば、伝統芸能の道具は、舞台上で展開されながらも刻々と消えていく「芸」を目に見える形にしたもの。道具には、芸の本質が現れています。今ある素晴らしいこの伝統芸能の舞台、そしてそれを支える道具を、高い質のまま未来に伝えたい。そのために、具体的なお手伝いができればと思っています。

「伝統芸能を、道具で楽しむ、深める」
 田村民子(伝統芸能の道具ラボ 主宰)



Message

These “stage tools” of Japanese traditional theatre are so beautiful!



I am so admiring and respectful of the craftsmen and women who make the “stage tools” for Japanese traditional performances
I have been interviewing those people in their workshops, and describing my own work as a journalist. These people have worked tirelessly to ensure the products they make are of very high quality. I have great respect for those who are determined to be completely professional, Although they are very proud of their job, their attitude has never been arrogant. I love this kind of people as they have such an extraordinary impressive mind.

I want to help the tradition of these people
Japanese traditional theatre needs many different types of “stage tools”. The skills are slowly being lost as the craftsmen and women age and retire, These skills are underpaid and do not attract new people. It is extremely difficult to restore those skills, once lost. In order to ensure these precious traditional techniques are passed on for the future, I’m going to investigate the techniques of stage tool-making and the traditional materials, And try to restore the skills already lost. I wish to ensure these wonderful Japanese traditional performances continue for future generations. What I would like to contribute to the world is to coordinate and assist to achieve this goal.

Tamiko Tamura

田村民子

プロフィール

田村 民子   Tamiko Tamura
「伝統芸能の道具」についての執筆、道具の復元と研究を行う人。

1969年、広島市生まれ。 1993〜1998年、京都居住。1998年〜 東京在住。

能楽、歌舞伎などの「伝統芸能の道具」やそれをつくる職人を支援する草の根活動「伝統芸能の道具ラボ」主宰。 入手困難になっている伝統芸能の道具を調査し、復元に取り組む。

観世流シテ方能楽師・梅若紀彰先生に師事(現在休止)。華道池坊脇教授3級准華匡。
日本塩業研究会会員 学芸員資格取得

基本的に伝統芸能の道具類にまつわる執筆、インタビュー、講演、企画展示、ワークショップなどの活動を行っています。

助成実績:公益財団法人トヨタ財団「2011年度 研究助成プログラム(個人奨励)」(2年間)

その他実績:クラウドファンディング Ready For? にてプロジェクト成立
       「消えゆく伝統芸能の道具を復元したい」 (2012年)

【連載】
東京新聞 金曜朝刊 伝統芸能面 新連載(2017年6月〜)開始予定
能楽タイムズ  新連載(2017年5月〜)開始予定
能の観世流の月刊機関誌「観世」 連載タイトル「能楽と職人たち」(2016年6月〜)隔月掲載
https://www.hinoki-shoten.co.jp/kanze/
東京新聞 金曜朝刊 伝統芸能面 連載タイトル「能楽お道具箱」(2015年5月〜2017年3月)連載終了
http://www.dogulab.com/Publications/tokyo-np-all

【書籍】
『松竹歌舞伎検定公式テキスト』(2008 マガジンハウス)編集、執筆(一部)
『かぶき手帖2012』(2012 公益社団法人日本俳優協会・松竹株式会社・社団法人伝統歌舞伎保存会)
 特集記事「歌舞伎のかつらと衣裳」執筆
『かぶき手帖2013』(2013 公益社団法人日本俳優協会・松竹株式会社・社団法人伝統歌舞伎保存会)
 特集記事「歌舞伎の大道具」執筆
『かぶき手帖2014』(2014 公益社団法人日本俳優協会・松竹株式会社・社団法人伝統歌舞伎保存会)
 特集記事「歌舞伎の小道具」執筆
かぶき手帖2012

【論文】
砥粒加工学会誌(2015年度 第59巻 4号 /2015年4月1日発行)
特集 伝統文化の継承を支える加工・計測技術「歌舞伎で使用される櫛・かんざしの復元」
Restoration of comb and ornamental hairpin that are traditionally used at Kabuki stage
http://www.dogulab.com/Publications/abrasivetechnology

「宮津・竹の教科書2015」(2016年3月31日発行)
「歌舞伎の小道具における竹」

倉敷の歴史 倉敷市紀要(第六号 1996年3月)
「原撫松と野崎家」太田健一氏との共著 *旧姓の松尾民子で執筆

倉敷の歴史 倉敷市紀要(第三号 1993年3月)
「倉敷文化協会の設立と西洋絵画展覧会 大正十年「大森日記」を中心として」*旧姓の松尾民子で執筆

【SNS】
Twitter: @TAMIKOTAMURA
facebookページ: www.facebook.com/dentogeinodogulab
★情報発信のめやす
1)このWebサイトの「活動報告」の各プロジェクトは、ある程度成果がまとまってから書くようにしています。
2)このWebサイトの「活動こぼれ話」は、田村民子のブログのようなものです(少し長めの文章でたっぷりと)。
3)FaceBookは、日々の活動の動きを書いています。
4)Twitterは、田村民子の日々のカジュアルなことも書いています。

【過去の取材記事の一部】
記事の写真
・歌舞伎の逸品を手に入れる(全12回)
  歌舞伎の舞台で使われる道具のうち一般の人も買えるアイテムを紹介した連載
  足袋かんざし1衣裳下駄組紐三味線
   かんざし2化粧太鼓お香緞帳・帯

・ちょっと昔の歌舞伎(全6回)
 玉三郎丈担当の衣裳さんなどベテラン職人の取材
  演出家ツケ打ち床山(立役)小道具衣裳長唄

・歌舞伎のひらめき(全6回)
 衣裳や小道具、髪などの「しかけもの」についての取材
  小道具1小道具2大道具衣裳床山照明

・歌舞伎女方の髪入門(全3回)
 歌舞伎の女方の髪の見方を楽しく解説
  第1回第2回第3回

・歌舞伎の女方の髪の記事(全5回)
  『廓文章』夕霧結綿のおしどり掛け地髱の結綿がけ『籠釣瓶花街酔醒』八ツ橋紫天神

・歌舞伎の扇の記事(全14回)
黒骨春秋観世骨金地雪持蔦色彩の檜扇黒骨銀地紅梅黒骨金地桜白竹銀地に茶の花白竹金地に白牡丹、白竹金地に赤牡丹黒骨銀地紺露芝、黒骨銀地朱露芝黒骨銀地に朝顔朱骨黄色地芭蕉黒骨銀地に秋草白竹銀地に鳴子雀黒骨茶色地金切箔黒骨百草


歌舞伎座専属の大道具「歌舞伎座舞台株式会社」のWebサイト、Facebookの記事を担当しています。
http://kabukizabutai.co.jp/
https://www.facebook.com/kabukizabutai


<やっていきたいこと>
・伝統芸能の道具を切り口にした執筆、連載、書籍作り(今一番やりたいのは、書籍づくりです!)。
・伝統芸能の道具を切り口にした講演、ワークショップ。
・伝統芸能の道具をつくる技術をいかした一般向けの商品開発の橋渡しなど、「伝統芸能のものづくりの世界」と「一般社会のビジネス」をつなぐ。
・学校などで若い人たちに伝統芸能のものづくりについてお話をするなど「若者」と「職人」をつなぐ(職人の後継者育成支援のため)。
・グローバル企業で働くみなさんが海外に赴任されたときに自国の文化について語れるように、伝統芸能のものづくりを切り口にした日本文化論の講座を行う。
・伝統芸能のものづくりについて取材する人や書き手を増やす(取材術講座・開講中)。
・伝統芸能のものづくりにプラスになるようなネットワークを作る。

なにかお役に立てそうなことがありましたら、お気軽にご相談ください!
問い合わせ:
伝統芸能の道具ラボ お問い合わせフォーム
または info★dogulab.com  (★を@に代えてください)

講演依頼については、「講演依頼.com」からもお申し込みできます。
講演会の講演依頼.com | 田村民子 講師プロフィールページ

Profile

CURRICULUM VITAE OF THE JAPANESE INVESTIGATOR

Name
: Tamiko Tamura
Birth year and Origin
: 1969 in Hiroshima
Nationality
: Japanese
Education Career
: Laboratory of Chasing Art, Faculty of Household Art, University of Hiroshima Prefecture, Japan
1988 – 1992
: (Bachelor thesis: Historical variation of definitions of word “Industrial arts” in Japanese)
 
 
1992 – 1993
: Research fellow at Laboratory of Chasing Art, Faculty of Household Art, University of Hiroshima Prefecture, Japan (Research subject: Socio-cultural project by local Zaibatsu – The case study of establishment process of Ohara Art Museum by Ohara Zaibatsu at Kurashiki-city, Okayama)
 
 
Professional Career
 
1993 – 1998
: G.K. Kyoto corp. (General design office) at Kyoto Assistance for accounting and logistics
 
 
1998 – 2008
: Editorial Production copr. Interview, Writing and Edtion for various journals (local publicity journals, interview to modern artists, the Japanese journal on vaccination to children etc).
 
 
2008 – 2011
: Editor of the official website of Kabuki under Shochiku copr. Project proposal, interview to Kabuki actors and stagehand staff, edition, and writing. Management of examination of Kabuki. Coordination of events for Kabuki fan. http://www.kabuki-bito.jp/
 
 
2011 – current
・Intend activities supporting material arts among the Japanese traditional culture, such as materials made by stagehand staff of Kabuki and Nohgaku.

・Currently the President of “Laboratorial coordination for tools and materials of Japanese traditional performances”, launching investigation and studies on technical succession issues of tools used at Nohgaku and Kabuki.

・Main themes are “Japanese traditional performances”, “tool-making”, and “social contribution”.

・Have a professional training on Nohgaku at Prof. Kisyo Umewaka, Shite-Kata, Kanzei-Ryuu.

おにぎり応援団

伝統芸能の道具ラボは、田村民子の個人活動として手弁当で行っております。もう少し資金があれば、道具ラボの活動にもっと時間が使えるのに・・と思うことも多くありますが、田村も生計を立てるための仕事もしなくてはなりません。そのような状況のなか、あたたかいおにぎりを差し入れてくださるような「ご支援」をいただくこともあります。そうした応援をしてくださる皆様の声をご紹介します。

公益財団法人トヨタ財団

支援内容 : 研究資金の助成
2011.11-2013.10までの2年間、研究資金を助成していただきました。
(「2011年度 研究助成プログラム(個人奨励)」)
資金不足のなかでの復元活動ですので、大変助かりました。調査旅行の旅費、参考図書やサンプル品などの購入など、調査や研究に必要な経費として使わせていただきました
またこのWebサイトもトヨタ財団さんの資金によって立ち上げています。

応援メッセージをいただきました
日本の代表的な伝統芸能として、歌舞伎や能楽そのものに関する研究は数あれど、それを支える衣裳や小道具類の研究は少なく、職人さんたちの後継者育成も喫緊の課題だといいます。
当財団の助成金が、大学等、いわゆる研究機関に所属せず、在野の立場から研究を続ける田村さんにとって、存分に研究活動を行うための一助となれば幸いです。
また、このHPが田村さんの研究活動やその成果を広く発信する充実したものになることを、担当者として心から楽しみにしています。

2011.11.15  公益財団法人トヨタ財団 プログラムオフィサー 楠田健太


2011.10.19 公益財団法人トヨタ財団2011年度助成金贈呈式

2011.10.19 公益財団法人トヨタ財団2011年度助成金贈呈式

公益財団法人トヨタ財団
http://www.toyotafound.or.jp/

京都絞り工芸館

支援内容 : 道具の復元協力、研究成果の発表スペースの提供
歌舞伎の髪飾り「鹿の子」の復元では、京都絞り工芸館さんが総合的に復元を引き受けてくださり、現代版の新しい「鹿の子」ができあがりました。もちろん、歌舞伎の舞台で使われています(詳しいレポートはこちらをごらんください)。

また、2012年3月〜5月には、京都絞り工芸館の2階で「歌舞伎の中の絞り 床山の仕事を通じて」という特別企画の展示スペースをいただきました。また、2012年3月3日と5月4日には、歌舞伎の床山さんをゲストにお招きして、ワークショップも開催したのですが、スペースの提供、参加受付の手続き、広報など、さまざまなサポートをいただきました。
いつも温かい言葉と優しい笑顔で応援をいただいています!

京都絞り工芸館・吉岡健治さんと吉岡信昌さん

京都絞り工芸館・吉岡健治さん(右)と吉岡信昌さん(左)


【応援メッセージをいただきました】
歌舞伎や能楽は、もちろん役者さんの力量により成り立ってはおりますが、この舞台を支える道具を確保することは全身全霊で舞台に挑む役者さんにとって、計り知れないほど大きいバックアップだと思います。
又、これに関わる仕事は携わる職人にとっても大変やりがいがあり、この仕事に光を当てて頂くことはモチベーションのアップにも繋がっています。これからも、私たちと伝統芸能を繋いで頂き、時には縁の下の力持ちとなり、日本の伝統芸能を支えていってください。

京都絞り工芸館館長 吉岡健治
京の絞り職人衆京都絞栄会代表 吉岡信昌


京都絞り工芸館
http://shibori.jp

FAQ

  • 「伝統芸能の道具ラボ」は、具体的に何をしているの?
  • 歌舞伎や能楽の世界で使う「道具」について技術継承の実体や道具に必要な素材についての調査・分析を行い、 制作が困難になっている道具については、復元を試みています。復元した道具はこちらからご覧いただけます。
    職人さんだけでは解決できない問題の解決を手伝うなど、現場で役立つ「具体的なお手伝い」をめざしています。

    また、伝統芸能を支える道具を制作する環境を総合的に支援したいと考えております。田村民子自身ができることは限られていますが、その世界が抱えている課題を解決することができる団体などへ資料の提供を行う、メディアに現状を伝える記事を書くなどの行動を通じて、課題解決に関わっていきたいと考えています。
  • どんなジャンルの伝統芸能に関わっていますか?
  • 今は、田村民子の個人的なネットワークのあるジャンルからはじめているため、 歌舞伎と能楽を中心にしていますが、伝統芸能に関する「ものづくり」ならば、なんでも取り組んでいきたいと思っています(文楽などにも興味があります)。
  • 活動拠点はどこですか?
  • 活動拠点は、東京です。道具の復元や調査のために、京都や長崎など地方にも出かけております。道具ラボの活動は、田村民子の個人活動のため資金は不足気味ですが、行きたい調査地はたくさんありますし、会いたい職人さんもたくさんいます。
  • 伝統芸能の「道具」とは、何をさしますか?
  • 「伝統芸能の道具ラボ」では、「道具」という言葉には以下の2つの意味があると捉えています。
    1:歌舞伎の舞台で俳優さんが手に持つ刀、扇などのように舞台上に登場する道具。
    2:床山(とこやま)が髪を結い上げるときに使う櫛(くし)など、舞台の裏で使う道具。

    「伝統芸能の道具ラボ」では、両方を扱っていきたいと思っていますが、 1については、能の装束、面(おもて)などはすでに研究者によって調査が進んでいます。公の調査や研究からこぼれがちな小さな道具やあまり注目をされない2のほうを重点的に行っていきたいと思っています。
  • どんな道具を復元したの?
  • 歌舞伎の舞台で使われるものとしては、「百姓蓑」、髪飾り「鹿の子(かのこ)」、「櫛(ベッコウの代替素材)」。ひょんなご縁から鷹匠さんが使われる組紐(大緒)も復元しました。

    「鹿の子(かのこ)」の復元
    歌舞伎の床山(とこやま)さんから「鹿の子を作るルートがもうない」という話しを聞き、田村が制作ルートを開拓。約1年かかりましたが、無事に新しい鹿の子ができあがりました。
    詳しくはこちらをごらんください。
  • いつから始めているの?
  • 2009(平成21)年から田村民子の個人活動として開始しました。
  • 講演をお願いしたい。
  • 多くの方にお話をさせていただきたいと思っております。まずは「お問い合わせ」からお気軽にご相談ください(講演料や講演スタイルについても、ご相談に応じます)。
    講演依頼については、「講演依頼.com」からもお申し込みできます。
    講演会の講演依頼.com | 田村民子 講師プロフィールページ
  • 何か一緒にしたいと思ったら?
  • 当サイトを読んでいただいて、何か一緒にやりたいと思ってくださった方は、その内容を簡単にまとめていただき お問い合わせフォームよりご連絡ください。
    内容を拝見しお話をすすめさせていただきたい場合には、こちらから連絡させていただきます。裏方さんや職人さんの仕事を、もっと一般社会の方にも知ってもらいたいと思っています。書籍づくり、雑誌の連載、職人さんのお仕事をいい形で増やすための一般向け商品の開発などやってみたいことはたくさんあります。 楽しい提案、お待ちしております!
  • 当サイトの記事の一部を引用・転載したい。
  • 当サイトに掲載されているコンテンツの文章、画像(写真、イラスト)、デザイン、データなどの全ての著作権は、田村民子に帰属します。引用・転載については、田村民子からの許可が必要です。論文、書籍、ホームページやブログ、などで引用される場合はご注意ください。
    なお、リンクしていただく場合も、お問い合わせフォームからご一報いただけましたらうれしいです。
  • 当サイトに掲載されているコンテンツを雑誌、商業ホームページ、テレビなどで紹介したい。または取材したい。
  • 当サイトに掲載されているコンテンツのご紹介やページの一部の使用を希望される場合、取材の申し込みを希望される方は、お手数ですが主旨、媒体名、発行予定日、転載文章等を明記して、 お問い合わせフォームからお送りください。
  • ページの不具合や間違いを見つけた。
  • 「リンク先のページが見つからない」「誤字脱字がある」「事実と異なる内容が掲載されている」などの ページの不具合、間違いを発見した場合は大変おそれいりますが、間違いのあるページのURLとどのような間違いかなどを明記の上、 お問い合わせフォームからご連絡ください。 調査の上、できるだけ早く確認修正し、ご連絡いたします。
ページの一番上に戻る