Blog
田村日記

  • 2019/02/10

    ゆだねる、時間

    紙の手紙で文通している友人が何人かいます。そのうちのひとりは、お能を長くお稽古をしている女性。約束をして会うことはなく、能楽堂でばったり会うことがたまにあるくらい。携帯番号もあえて交換していない。そういう、レトロなつながり方が、なんだか面白く、心地よくて、ゆるっと楽しんでいます。会う頻度という意味でいうと「邂逅(かいこう)」といってもいいかもしれません。
    続きを読む >>

  • 2019/02/08

    舞台芸術の「客席の空気」を愉しむ

    歌舞伎座で上演中の『名月八幡祭』を見てきました。
    芸者の美代吉(みよきち)を坂東玉三郎、ちょっと悪いけれど憎めない色気のある三次(さんじ)を片岡仁左衛門がやっていたのですが、さすがなじみの(?)カップルで魅せる、魅せる! このふたりのイチャイチャをお客さんがみんな「ふふふ」と喜んでいる感じが、なんかとても楽しかったです。あてられちゃうのが、うれしいっていうか。二人がよりそうと、オペラグラスをのぞく率がぐっとあがる(笑)。客席もいい雰囲気でした。

    続きを読む >>

  • 2019/02/03

    演劇だから伝えられること

    SAPCの芸術総監督を務める宮城聰氏の新作の舞台『顕れ(あらわれ)~女神イニイエの涙~』を見てきました。場所は富士山が目の前、という東静岡駅のそばにある静岡芸術劇場。
    『顕れ』は、アフリカ社会の分断を生んだ奴隷貿易が主題。奴隷貿易に加担したアフリカ人に、死後の世界で罪を告白させるという内容です。
    かなり重たいテーマですが、能のように死者や神の視点から物語が様式的に編まれて、演劇のような抽象的な民俗芸能のような。美しく、魅力的な舞台でした。
    きっと、重いままだと、みんな見ないと思うんですよね。演劇は、それを見せるチカラがある。
    写真や文も同じで、伝えたいことを、どう表現したら、みんなが見てくれるか。そんなことを、改めて考える機会となりました。

    顕れ ~女神イニイエの涙~
    作:レオノーラ・ミアノ
    翻訳:平野暁人
    上演台本・演出:宮城聰
    音楽:棚川寛子
    静岡芸術劇場
    2019年
    1月14日、19日、20日、26日、27日
    2月2日、3日
    http://spac.or.jp/revelation_2018.html
    続きを読む >>

  • 2019/01/23

    書のおもしろさ

    東京国立博物館の書の企画展「顔真卿(がんしんけい)」展。人混みの間から、墨の文字をじっと睨みつけるようにして、見てきました。すごい人。たぶん書をやっている人が多く、漏れ聞こえる会話がおもしろい。「ねえ、あそこ、あんなに長くはらってるわよ」とか。
    ガラス越しに、エアー書道をやってる男の人を三人くらいは目撃しました(たぶん無意識に手が動いたのでしょう)。
    続きを読む >>

  • 2019/01/20

    能「箙(えびら)」の梅

    横浜の桜木町駅から、紅葉坂というちょっと傾斜のきつい坂をのぼったところに、横浜能楽堂があります。
    今日はそこで、「箙(えびら)」という能を見てきました(横浜能楽堂企画公演 風雅と無常-修羅能の世界 第4回「生田の梅」)。
    ちょっと変わった趣向で、現代美術家の山口晃さんが、「美術」を担当されているんです。
    能では「作り物」と呼ばれる簡単な舞台装置が出ることもありますが、ほとんど決まった型があって、プログラムに「美術」なんていう文字が入ることはありません。トップの画像が、山口晃さんが作られた舞台装置の梅です。
    続きを読む >>