講演・執筆 うけたまわります

Contact Us

歌舞伎の裏方の世界、道具などについての講演や執筆をご希望の方は、ぜひお気軽にご相談ください。
学校新聞や企業の社内報、個人宅でのお話会など、どんな小さな場でも結構です。多くの人に、お話して伝えたり、文章で発信していきたいと思っています。

【田村民子 プロフィール】
OLYMPUS DIGITAL CAMERA  
「伝統芸能の道具ラボ」主宰。フリーランスライター。
1969年、広島市生まれ。20代を京都で過ごした後、1998年より東京在住。編集プロダクションに8年間勤務した後、フリーランスライターに。ライター歴15年。2009年より能楽、歌舞伎などの伝統芸能の「道具の研究」と、作れなくなっている「道具の復元」をする草の根活動「伝統芸能の道具ラボ」をはじめる。

【連載】
東京新聞 金曜朝刊 伝統芸能面 「能楽お道具箱」*現在連載中
(2カ月に1回程度の随時掲載。以下は、過去の記事)
 http://www.dogulab.com/Publications/tokyo-np-all
能の観世流の月刊機関誌「観世」 連載タイトル「能楽と職人たち」(2016年6月〜)隔月掲載 *現在連載中
 https://www.hinoki-shoten.co.jp/kanze/

【これまでの講演】
講演一覧
上左:京都ホテルオークラ「文化サロン 歌舞伎 女形の美に迫る 〜床山の技」(京都)
上中:文章カフェ「取材は楽しい! 田村民子の歌舞伎裏方・取材ノートからのお話 vol.1」(東京)
上右:日本文化にふれる勉強会 歌舞伎第2弾「歌舞伎の扮装×ものづくり」(東京)
下左:「小さな道具シンポジウム」(京都・法然院)
下中:「無形文化に魅せられた3人の愉快なトークショー」(東京)
下右:USTREAM番組「TAKENOWA Lab.」

上記のほかにも、理化学研究所での講演や日比谷図書文化館での歌舞伎の小道具さんとの講演など、さまざまな講演を行っています。詳しくは以下をご覧ください。
http://www.dogulab.com/category/g-1

【これまで執筆した取材記事】
記事の写真
・歌舞伎の逸品を手に入れる(全12回)
  歌舞伎の舞台で使われる道具のうち一般の人も買えるアイテムを紹介した連載
  足袋かんざし1衣裳下駄組紐三味線
   かんざし2化粧太鼓お香緞帳・帯

・ちょっと昔の歌舞伎(全6回)
 玉三郎丈担当の衣裳さんなどベテラン職人の取材
  演出家ツケ打ち床山(立役)小道具衣裳長唄

・歌舞伎のひらめき(全6回)
 衣裳や小道具、髪などの「しかけもの」についての取材
  小道具1小道具2大道具衣裳床山照明

・歌舞伎女方の髪入門(全3回)
 歌舞伎の女方の髪の見方を楽しく解説
  第1回第2回第3回

・歌舞伎の女方の髪の記事(全5回)
  『廓文章』夕霧結綿のおしどり掛け地髱の結綿がけ『籠釣瓶花街酔醒』八ツ橋紫天神


歌舞伎座専属の大道具「歌舞伎座舞台株式会社」のWebサイトの記事を担当しています。
http://kabukizabutai.co.jp/


■■ こんな講座も開講中です(田村民子が講師をしております) ■■
<受講生募集中!>eラーニング通信講座「心に響く文章を書くための取材術と文章力」
http://www.dogulab.com/kotami/index.html

■■ お気軽にお問い合わせください ■■
以下のコンタクトフォームで、お気軽にお問い合わせください(講演、執筆以外についても、検討いたします)。
・お問合せの際は、お名前、ご住所、メールアドレスを必ずご記入ください。

・携帯メールでのお問い合わせの場合、こちらからご返信してもメールが届かないことがあります。
 パソコンから返信できるようにしておいてください。

【講演依頼について お願い】
・講演日からさかのぼって、最低でも3ヶ月以上前にご相談ください(できれば6ヶ月以前)。
 講演は、直接、お客様に語りかける生の時間ですのでできるだけ丁寧に準備をしたいと考えております。
・ご依頼をいただける際は、簡単で結構ですので概要がわかる企画書のようなものをいただけると助かります。
 講演タイトル名/講演で達成したいねらい
 主催者名
 日時/場所
 どんな方(お客さま)が講演を聞かれるのか/講演を聞かれる方の人数
 どんな内容にしてほしいのか など
 ★ギャランティについて
原則として講演料はいただきますが、金額はご相談に応じます(だいたいの目安としては5万円以上)。ご依頼の際に、金額をご提示ください(ご依頼時に金額のご提示がない場合が多くあります。あまりよい慣習ではないと感じておりますので、小額でも結構ですので必ずお知らせください)。
また、東京から遠方の場所である場合は、講演料とは別に東京(起点は品川駅)からの交通費や旅費のご負担もお願いしたく存じます。

・スケジュールや内容などを検討させていただき、お返事いたしますが、
 お引き受けできない場合もあります。あらかじめご了承ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文

ページの一番上に戻る